アプリ・サービス

auからmineoに乗り換えたら1ヶ月の携帯料金が853円になってた話

毎度です。人生の乗り換え難民。コバヤシモンドです。

携帯電話のキャリアを格安SIMのmineoマイネオに乗り換えてから2ヶ月経ちました。

ちなみに以前のキャリアはauです。

格安SIMの存在自体は知っていても、なかなか実際に乗り換えるには少しためらっているという人も多いのではないでしょうか。

  • 手続きが面倒そうだし…
  • 電波が悪いんじゃないの?
  • 2年契約が残ってるし…
  • 周りに格安SIMの人がいないしよくわからない…

など、色々と理由はあると思います。

モンド君
モンド君
 実際コバヤシがそうでした

でも、なんだかんだで乗り換えてから2ヶ月。先月(12月)の携帯料金の明細を何気なく開いてみると

853円

モンド君
モンド君
 は?

やっす!!!

いやいやさすがにマジ?どことは言いませんが今までの某キャリアさんは平均6,000円くらいでしたよ?

いいんですか?こんなんで?あらやだ、おほほ。

乗り換えをご検討中の奥さま、ちょっと聞いてくださいな。やっぱりmineoに乗り換えて正解だったということですわ!

mineo

料金853円の内訳

大手キャリアを契約中の方からすると「いや大げさだろ」「最安プランの実用性ないヤツだろ」とか思われるでしょう。

でも、特に倹約家でもないコバヤシが普通に使うであろうプランを契約した結果なのです。

料金853円

月の通信料は3GBまで。最初は少ないかもと思いましたが自宅にwi-fiがあるのでむしろ余って繰り越しています。

モンド君
モンド君
後述しますが余ったパケットもmineoなら有効活用できます

特殊な事情として、キャンペーン期間の契約によってしばらく料金が1,055円割引となっています。

料金内訳

しかし、それを無しとしてもau時代の3分の1の料金。驚愕です。

これなら多少面倒でも乗り換えようかな、という気になりませんか?

mineoってどんなキャリア?

「mineo」と書いて「ミネオ」ではなく「マイネオ」と読みます。

mineo

格安SIMの1つ

mineoはいわゆる格安SIMを提供する「MVNO(仮想移動体通信事業者)」の1つです。docomo、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが独自の回線を持っているのに対し、MVNOは大手3社の回線を間借りしてお客さんに提供することで運営しています。

これだけ聞くと逆に料金が高くなりそうに思えますが、基地局の保守・点検は大もとのキャリアが行うため、そのコストがかからないなどの理由で(もちろんそれ以外の工夫も)圧倒的に安く利用することができます。

格安SIMで有名なMVNOはTVCMも大きくやっているUQ、Y!モバイルあたりでしょうか。全国に店舗もあるのでなんとなくなじみ深いでしょう。

その点、mineoは若干知名度は低いかもしれません。店舗も数えるほどしかありません。

ですが契約数は2019年1月現在では100万回線を超え、2018年の3月に行われた調査では格安SIMサービスの満足度調査では1位

注目度NO.1の格安SIMと言っても過言ではないのです。

どのキャリア回線でも使える

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて使っているので、大手キャリアの機種をそのまま使おうとすると少し選択肢に制限が出ます。

例えばUQは実質auの傘下、Y!モバイルはソフトバンクの傘下になるので、回線はそれぞれ大もとのキャリアの回線を使っています。

となると、auのみで販売している機種を持っているとY!モバイルへの乗り換えは難しくなります。機種が別の回線に対応していないため、通話などが使用できまくなります。

モンド君
モンド君
 iphoneとかなら元キャリア関係なく使えますが。

しかし、mineoはau、ドコモ、ソフトバンク全ての回線を持っているため、どのキャリアからもスムーズに乗り換えることができます。

全方位でバランスがいい

格安SIMはそれぞれに特徴があります。とにかく料金が安いところ、通信速度に特化したところ、など。

その点、mineoは特別とがったところはありません。一番安いわけでも、一番早いわけでもありません(それでもコバヤシはびっくりするほど安いと感じましたが)。

しかしmineoの特徴は「全てにおいて高いレベルでバランスが取れている」といえます。明確なデータの提示は面倒臭いので他のサイトに譲るとして、体感としてどの点でも不満がないのが強みだと思います。

格安SIMは色々あってどこがベストか調べるのがとても大変です。コバヤシは困ったらとりあえずmineoで損はないと思います。

大手3社どこからでも乗り換えができて、全体的にバランスよくまとまっている。「他の要素を捨ててでも限りなく安くしたい」とかいう明確な目的がないのであれば、mineoを選んでおけば失敗しないでしょう。

実際に使ってみた感想

mineoを使い始めて3ヶ月目になりますが、正直言ってあんまり書くことがありません。

「オススメしておいてなんじゃそりゃ!」と思われるかもしれませんが、au時代と比べても普通に使えすぎて格安SIMだと意識することがないのです。

電波が悪くなるんじゃないかとか、サービスで不満が出るんじゃないかとか思っている人がいるかもしれませんが、仮にそうだとしても多分気がつかないと思います。

通信環境が悪くなる?

まず電波の届く範囲ですが、auから乗り換える場合はAプランを選択すれば、そのままauの回線を使うことになるのでau時代と同じです。

ドコモ回線ならDプラン、ソフトバンク回線ならSプランです。

これは格安SIM会社の力とは無関係な部分なので心配ありません。

次に通信の速度ですが、全然わかりません。

実際数値上では下がっているのかもしれませんが、以前は2秒で表示されていたWEBサイトが2.5秒かかるようになったとしても体感では気づかないでしょう。大手キャリアでも早い時と遅い時がありますしね。

LINEなどはそもそもデータ量が少ないのでどちらにしても一瞬で届きます。

なので、実際はどうなの?と聞かれても「遅くなったけど気にするほどじゃないよ」とか答えた方が信用されるのかもしれませんが、正直言ってコバヤシは感じないとしか言えません(泣)。

わからなければ悪くなってないのと同じです。

アプリが使いやすい

auを使っていた人に質問。公式アプリって使いやすいですか?

うん。そうですよね。わかりますよ。

他の大手キャリアは知らないんですが、探しているページが見つからず同じところをぐるぐる回って、ブラウザのウィンドウがどんどん増えていく…なんてことがしょっちゅうでした。まるで役所に言った気分です。

mineoのお気に入りポイントの1つがアプリの使いやすさです。

スマホのトップ画面みたいにアクセスしたい項目のアイコンを入れ替えて並べられるし、デカデカと残りのデータ通信量が表示されるし。

マイネオアプリ画面

ユーザーの気持ちをメチャ考えてくれていますね。

SNS的な要素もあり、専用のゲームを作ってみんなで共有したり、ユーザーの質問掲示板などもあったり。

特に素晴らしいサービスが「フリータンク」です。

これはユーザー同士の相互扶助みたいなシステムで、通信料が余った人は公共のタンクに通信料を寄付して、逆に足りなくなった人はそのタンクから通信料をもらえるというシステムです。

なんか優しいシステムですね。

寄付した人と引き出した人はそれぞれコメントやプロフィール(匿名可)が出るのですが、黙って差し出す人(カッコイイ)あり、感謝しまくって引き出す人ありで、日本もまだ捨てたもんじゃないなと思います。

中にはひたすら寄付ばっかりしている人、ひたすら引き出してばっかりの人もいて(取引量もわかる)それに対する不満の意見もちらほらみられます。

が、それはそれでイイんじゃないかなと思います。もともと世界は不平等なものですし、余裕のある人はひたすら助けるばっかりでも、困っている人は遠慮なく助けを求めても結構だと思います。

しかし顧客同士の助け合いの場を作るなんて、大手では考えつかない施策ですね。短絡的に考えると売り上げを減らす行為ですからね。

ちなみにこのフリータンクは「グッドデザイン賞」を受賞しています。この賞、モノだけが対象じゃないんだ…。

乗り換え前の不安

格安SIMが安いのはわかったけど、いざ乗り換えを考えると細かい不安が出てきます。コバヤシの場合は

  • 手続きが面倒?
  • 通話料が高くなる?
  • キャリアの契約途中だった(違約金問題)
  • 機種代金も支払い途中

というのがありました。それらの問題もじっくりと考えた上でmineoへの乗り換えのメリットを取ることにしたのです。

au→mineoへの手続き

実際、ちょっと面倒と言えば面倒です。しかし、何か現状を変えるためには少々の手間は必要だと割り切りましょう。作業自体はそんなに時間がかかるわけではありません。

手順は

  1. 今の機種がそのまま使えるか確認
  2. auのSIMロック解除
  3. MNP予約番号を取得
  4. mineoの契約申し込み
  5. SIMカードが届いたら初期設定
  6. 使用開始

という流れです。乗り換えと同時に機種を新しくする(mineoで購入)する場合は①②が不要になります。

MNP予約番号の取得はauへ電話での手続きが必要でしたが、後の手順はスマホ上でできます。

乗り換えの詳しい手順は色々なサイトで解説されています。準備が出来次第このサイトでも紹介予定ですが、今はこちらのサイトが参考になると思います

>>>【体験談】auからmineo(マイネオ)へのMNP乗り換えを徹底解説します!

モンド君
モンド君
手抜きと言わないで

通話料が高くなる?

格安SIMは通話料金が高くなるというイメージがあります。大手キャリアでは一般的なかけ放題プランが弱いからです。ただ、上手く使えばお得になるプランは用意されています。

10分かけ放題

mineoではオプションとして「10分かけ放題」プランがあります。専用アプリ「mineoでんわ」からの発信で一度に10分までなら月額918円でかけ放題というものです。

10分以上話すことが多いとその恩恵を受けられません。一旦切ってまたかけるのはOKですが。

専用アプリ「mineoでんわ」

通話料も、通常発信で21.6円/30秒のところが専用アプリ「mineoでんわ」からの発信で10円/30秒になるという標準サービスがあります。

あくまでアプリからの発信が対象で、着信履歴からかけ直すと通常の発信となってしまい普通の料金がかかってしまいます。

コバヤシは基本的に友達がいない自分から電話発信をする機会がかなり少ないのでこの点は特に問題にはなりませんでした。極力LINEの無料通話を使うなど意識しているところもあります。

自分からたくさん発信して長時間通話をする営業マンなどには向いていないかも!

キャリアの契約途中だった

現在大手キャリアを契約している人のほとんどは、いわゆる「2年縛り」のプランに加入していると思います。

更新月を待たないと違約金が10,000円くらい発生するので、今は乗り換えできないと考えてしまいますね。

コバヤシも契約があと1年残っている状態でした。

でも

モンド君
モンド君
 計算すると格安SIMなら月に4000円くらい安くなる。ということは3ヶ月でペイできるのでは?

と考え、向こう1年にかかる料金を計算しました。

大手キャリアをあと1年続けた場合…月額6,000円×12ヶ月=72,000円

すぐmineoに乗り換えた場合…違約金10,000円+mineo初期費用3500円+月額2,000円(仮定)×12ヶ月=37,500円

というわけで、違約金を払ってもすぐに乗り換えた方がお得だという結論に達しました。

実際には月々もっと安くなってますし。

違約金を理由に乗り換えをためらうのは無意味!

機種代金の支払いが途中

もう1つの課題は「機種代金の支払いが残っている」ということでした。

これをどうしていいのかよくわからず、一括で払ってからじゃないと乗り換えできないのではないかと思っていました。

結論からいうと、auを解約してもそのまま月々の引き落としで払い続けることができます。これはMNP予約番号を取得するときの電話でついでに確認しました。

ただしauの公式アプリであるMy auにはログインできなくなってしまうので、残金を確認したいときは電話確認が必要となります。

また、アップグレードプログラムの「4年分割払いにして2年めに契約更新で残りの機種代金無料」という条件もなくなってしまうので、機種代金の全額を払うこととなります(これは仕方ないですが)。

機種代金が残っていても乗り換え時に一括で払う必要は無し!

mineo

スポンサーリンク


まとめ:au→mineo乗り換えで悪影響はなかったよ

以上、auからmineoに乗り換えをした感想を書きましたが、正直言って現段階で後悔したことは1つもありません。

考えられる弱点といえば居住地域に店舗がないので何かあった時に駆け込む先がないこと、通話メインだと料金がかさむ可能性があることですが、au時代も店舗を使ったことはほぼありませんし、通話も料金がかかる発信はほとんどしないので個人的には問題ナシでした。

変わったのは携帯料金が4,000円以上安くなったこと。1年では48,000円以上。

これって2年ごとに新品のiphoneが買えるレベルですよね。乗り換えようか悩んでいた時間がもったいないです。

それでもまだ不安な人はmineoのトップページから料金のシミュレーションができます。そこで現在の携帯料金と比較してみてはどうでしょうか?

これからの時代、お金はしっかり自分で守りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください