生活

「カーペット」「ラグ」「じゅうたん」の違いは?意味から使い分けまで解説!

じゅうたんと猫

こんばんは。敷かれっぱなしのコバヤシモンドです。

家具屋に勤めていてじゅうたん売り場に立つこともあるのですが、よく質問されるのは

「じゅうたんとカーペットってどう違うの?」

という疑問です。

部屋に置く敷物は、

  • じゅうたん
  • カーペット
  • ラグ

などと呼ばれます。商品タグにも「アクセントラグ」だったり「ウィルトンカーペット」だったり使い分けがされています。

今回はこの辺を家具屋の立場から解説したいと思います。

言葉の指すものは同じ

結論からいいますと、それぞれの言葉が意味するものはほぼ同じです。どれも床にしくもの全般を指すので、「これはラグでありカーペットではない」ということはないです。

「じゅうたん」はそれらを日本語で読んだものですね。漢字だと「絨毯」。書けるとかっこいい。

ただ、厳密に言うと、英語としてのニュアンスは微妙に違います。

Carpet

敷き詰めカーペット

carpetは動詞として、「一面をおおう」というようにも使われます。

例えば庭全体が草に覆われているような状態も

“carpeted with grass”

などと表現します。要するに、「地面または床をおおうもの」というニュアンスですね。

Rug

一方、rugは動詞としては使われない完全な名詞です。

床に敷くもの以外に、ひざ掛けや毛布もrugということがあるようです。

また、carpetはつなぎ合わせて使うこともありますが、rugはつなぎ目のない一枚のものを指します。そして全面をおおうものではありません。

 

ちなみに「じゅうたん」に関しては、敷物全般を日本語でそう呼ぶので、上記のニュアンスにこだわらずに使えばいいと思います。

どちらも言葉の指すものはほぼ同じ。

ただカーペットは「地面をおおうもの」「床の一部」、ラグは「一枚の布」のような微妙なニュアンスの違いがある。

「ラグ」「カーペット」「じゅうたん」の使い分けかた

じゃあ、床をすっぽり覆わないものはラグであり、カーペットと呼んではいけないか、というと全くそんなことはありません。

語源の違いとしてそんなニュアンスの差があるというだけで、小さめの敷物でもカーペットと呼んでも間違いではありません。

日本の家具業界では、なんとなく3帖くらいまでの大きさをラグ、それより大きいものをカーペットと呼ぶ習慣があります。

しかし、”ウィルトンカーペット”という種類の敷物は小さくてもカーペットと呼んだりします。

もう、わけわからん!

と怒らないでください。

何を隠そう、家具業界の人たちもよくわかっていないのです。

じゅうたん屋

多分、英語圏の人たちも明確な区別なんてないんじゃないでしょうか。ぶっちゃけた話、別に困ることはないですし。国によって区別の仕方も違うという話もあるし。

例えるなら、「おにぎり」と「おむすび」と「にぎりめし」みたいなもんですね。

お母さんが弁当に入れてくれるのは「おにぎり」ですし、正直者のじいさんがころりんと落としてねずみに恩返しされるのは「おむすび」がしっくりきます。

江戸っ子が懐に忍ばせて「てやんでい」とかじるのは「にぎりめし」というのが似合う気がします。

どれも一緒と言えば一緒ですが、なんとなくフンイキで分ければいいと思います。

そんな感じです。ダメ?

大事なのは雰囲気です。

スポンサーリンク


結局、どう呼べばいいの?

ただ、こんなことでは解決にはなりませんね。

お店に敷物を買いに行った時に、「カーペットを探してて」か「ラグを探してて」か「じゅうたんを探してて」のどれでGOするべきかという問題があります。

もしあなたがインテリアをおしゃれにしたくて店員のアドバイスが欲しい場合、

Rug.

とよんだ方がなんとなくこなれた感が出ておすすめです。

ただし、上に書いたように部屋に敷き詰めるような大きなものは「ラグ」だとちょっと違和感があるので、だいたい3帖くらいまでのものをそう呼びましょう。

また、上質な手織りのものに関しては

じゅうたん

と呼んだほうが一周回って逆にカッコイイかもしれません(なんのこっちゃ)。

インテリアにちょっと詳しい風に見栄を張りたい人はいい発音で「Rug」といいましょう。せーの

“Rug”

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください