ごあいさつ

当ブログを見つけ出していただき、ありがとうございます。

コバヤシモンドといいます。

まず、このような場所にたどりついたというだけで僕はあなたに畏敬の念を禁じえません

一体どうやったらこんなブログにたどり着けるのでしょうか。僕なんぞはブログを初めて立ち上げてブラウザを閉じた瞬間アドレスがわからなくなり、戻ってくるのに45分かかりました

サーバーとかドメインとかブログサービスとかややこしすぎです。あの時ほどはてなブログにしておけばよかったと思ったことはありません。

なぜ、ブログなど書こうと思ったのでしょうか。それは、お金が稼げると聞いたからです。30才を過ぎて僕にもそれなりの知識や考え方というのができあがってきました。が、結局それらも一般人である僕の中で朽ち果ててしまうのか?と疑問に思ったからです。

僕はなんとなく世間ではマイノリティーを感じてきました。昔から周りのみんなとは興味を持つもの、ハマるものが違う…

意見はいまひとつ共感を得られない、発言は反感を買う、などなど…

いつしか、ムダを悟ってあまり自分を主張しなくなりました。まわりをしらけさせてはいけないと。ああ、これが大人になるということか。

しかし!やはりもったいない!このままでは自分の意見や考えなど、押入れにしまった骨董品と同じだ!ガラクタでもHARD OFFなら値段をつけてくれるかもしれない!もし価値があるものなら美術館でみんなを楽しませることができるかもしれない!価値がないと思っていたものでも中島誠之助が見れば名品なのかもしれない!

そうだ!僕にブログを書かせるものはなんでも鑑定団だ!!

すみません、取り乱しました。別になんでも鑑定団の影響はないです。

要するに、意見をしまっておくのがもったいないと思ったのです。僕も人生の中で、自分の意見に反対の人しかいなかったわけではないです。少数ですが、むしろ僕が「すげー!」って思う人が僕の話に共感してくれたりします。

まあ、無意識に「僕の話をわかってくれるということは凄い人に違いない」とか思っちゃってるだけかもですが…

とにかく、捨てる神あれば、拾う神もいるかもしれない、ということです。

僕の書くことは大半の人には「なんのこっちゃ?」かもしれません。が、一部の人にでも楽しんでいただいたり、役に立てることがあれば僕の人生経験も捨てたもんじゃないかな、と思います。

以上、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

では最後にこの文章を読んでくれているあなたへ…

本当にどうやってこのブログに来たんですか?