サービス

【1年間使ってみた】オーディブルの正直な感想と良い点・イマイチな点

ヘッドホンをする女性

ども。コバヤシモンドです。

本は、聴こう。のキャッチフレーズでおなじみAudibleオーディブル

  • 興味はあるけど登録する価値はあるのかな?
  • 使用感はどうなんだろう?
  • 気に入らなかったらどうしよう

と、登録する前に気になる点も多いと思います。

この記事ではオーディブルを1年間使ったコバヤシの素直な感想と、使って初めて気づいた微妙な点などをお伝えします。

ちなみにこの記事を書いているコバヤシの読書量は年間20〜30冊くらい。

調査によって結果が違いますが日本人の平均読書量は年間12〜30冊くらいのようなので、コバヤシの読書感覚はわりと一般的だと思います。

そのへんも踏まえてご参考くださいな。

1年間使った総評「まあまあ満足」

ざっくりと結果を申し上げますと

  • 本からの情報収集を重視する人にはおすすめ
  • 使い方によっては合わない
  • トータルまあまあ満足!

という感じですね。

本を「聞いて」頭に入るのか

モンド君

文章として目で読むから頭に入る。耳で流し聞いても身につかないのでは?

はじめはこんな風に思いつつ使い始めましたが、意外と問題なかったです。

ス○ードラーニングじゃないですが、ただ流しているだけでも十分に内容を把握することができました。

校長先生や社長のつまらないスピーチが頭に入らないからといっても、それは単に話し方や内容に問題があるからですね。

ちゃんと内容は耳で聞いても心に残ります。なにより目と両手がフリーな状況で本が読めるというのはある種の開放感すら覚えます。

耳で本を聴くこと自体には何の問題もありません。

というわけでオーディブルの読書としての評価はかなり上々です。

ではなぜ「まあまあ」なのかというのは次の項にて解説します。

微妙だった点

一部ですが「ちょっと微妙かも」といった部分もありました。

解決可能or大した問題でもないので個人的には特に減点にはなりませんが、気になる人もいるかもしれないので一応書いておきます。

ナレーションは好みがあるかも

録音用マイク

ナレーションによってはちょっと聴くのが辛い…という本にも遭遇しました。

ジュニア向けくらいの歴史の本を聴いた時なのですが、「ユーモアのある塾講師」的なひょうきんな語り口で合わなくてやめてしまったことがありました。

こればっかりは相性があるのでしょうがないですね。ちなみに途中で挫折したのはこの一冊だけでした。

なお、途中でやめた本でも返品・交換はOKです(詳しくは後ほど)。

「図をご覧ください」が辛い

本によっては、「図3をご覧ください」などと図や表を参照に話を進める箇所もあります。

スマホやPCで指定されたURLにアクセスすれば画面で図をみられるのですが、それならそもそもオーディブルを使う意味がないですよね…

コバヤシは一回も見たことはありません(笑)

でもまあ、図を見なくても話の内容が理解できなくなったことはないのでそんなに気にすることはないかもです。

データ統計とかの本じゃなければまあ大丈夫でしょう。

じっくりと思考を巡らす系の本は不向き

作品にもよるでしょうが、文学や思想書など、行間を読みながらじっくりと思いを巡らす本はちょっと向いていないと思います。

コバヤシは小説などは時々本をとじ、頭の中で思いをはせてから再開、みたいな読み方をします。

しかしオーディブルは無情に本を読み上げていきます。

オーディブルに置いてけぼりにされるコバヤシの思い。辛いです。

一方、教養書やビジネス書などサクサク進めたい本はむしろ読むよりも快適。

なので聴く人と本の種類で評価は分かれるところだと思います。

月額料金¥1,500は高い?サービス内容を確認

小銭

オーディブルの月額料金は1500円。

amazonプライムが月500円Kindle Unlimitedが月980円と考えると少し高く感じます。

実際コバヤシも「この内容で1500円は安い!」とまでは言えません。でもまあ「ナシじゃないかな」くらいには思っています。

注意点:読み放題ではないです

オーディブルは月額制ですが、聴き放題ではありません。

毎月一冊は無料で読めるコインがもらえますが、追加で本を聴きたいなら別途購入する必要があります。

それも一冊2,000円以上はします。高い。

なのでコバヤシは無料分の月一冊ずつで利用しています。セコくありません。

では課金しないと楽しむ方法がないかというとそうではなく、無料で聴けるコンテンツも豊富。

ラジオ番組や落語など、月一冊の本が聴き終わったらそちらで楽しむと良いでしょう。個人的なおすすめは「松本人志の放送室」。

聴いた後の返品・交換も3クリックでOK

「ナレーションには好みがあるかも」の項で書いたように、買った後でやっぱり合わない…という本に出会うこともあります。

オーディブルでは読んだ本でもたった3クリックで返品が可能。

一応、返品に制限回数はないので(やりすぎると運営からツッコミが入るようですが)心置きなく気に入った本を探すことができます。

返品の具体的な方法についてはこちらの記事をどぞ。

スマホとヘッドフォン
Audibleの返品は【3クリック】でOK。※アプリからはできません どうも、コバヤシモンドです。 すでにAudible(オーディブル)を使用している人も、これから利用しようと思って調べている人も、...

本の数はまだこれから

本の種類は小説・ラノベが豊富ですが、先に書いた通りオーディブルは実用書やビジネス書向きだと思っています。

が、ボイスブック化した実用書の数は「まだまだ十分ではない」と感じるのが現状です。

オーディオブックは人間がナレーションを吹き込む必要があるので、当然ながら刊行ペースには限界があります。

作品によっては16時間とかの朗読になります。これは高くて当然ですね。。

とはいえラインナップは確実に増えているので、今後も期待です。

サービス内容は「まあまあ満足」

というわけで、トータルで見た場合のオーディブルのコスパは

「まあまあ満足」

といったところです。

とりあえず、コバヤシは今のところ解約するつもりはありません。

月額1500円で一冊は正直ちょっと高いかなとも思いますが、そもそも1500円以上する本を読めば元は取れます。

何より今まで無駄に使っていた通勤などの時間を読書に当てられるメリットは大きいですね。

防水bluetoothスピーカーなどでお風呂で聴くのもいいですよ。

Soundcore Mini 2【IPX7防水規格 / 15時間連続再生】
Soundcore

>>>このBluetoothスピーカーのレビューはこちら

というわけでオーディブルは「スキマ時間を有意義に使いたい」「読書が苦手だけど本で知識をつけたい」といった目的を持った人にオススメします。

逆に「スキマ時間は音楽やスマホゲームで事足りる」「読書は紙の本で十分できている」という人はあえて利用する必要はないかな、と思います。

いずれにしても登録初月は無料体験期間。完全に0円で本を一冊聴けるので一度試してみると良いと思います。

>>>最初の一冊は無料。【Audible】のボイスブック無料体験はこちらから。

初めに聴くのにオススメの本も次の項でご紹介します。

おすすめのボイスブック

ちょっと偏っているかもですが、コバヤシが聴いた中で他の人にもオススメできる本をご紹介します。

人を動かす方法 

created by Rinker
¥3,500 (2020/03/30 20:56:06時点 Amazon調べ-詳細)

コバヤシがオーディブルで最初にポチった本です。

相手を意のままに動かしたいという欲望を抱えていませんか?コバヤシだけですか?

内容は、タイトルのように人を動かす、というよりは「動いてもらうために自分はどうすべきか」が書かれた本ですね。

80年以上前に書かれた本なので例えに使われる事例が古かったりもしますが、間違いなく名著。現代でも十分に役立ちます。

ビジネスでの活用を念頭においた作品ですが、実生活でもためになることだらけです。

自分を操る超集中力

created by Rinker
¥2,500 (2020/03/30 20:56:07時点 Amazon調べ-詳細)

人を動かす後は自分を操ります。メンタリストDaigoの実践的なメンタリズム本。

人生の成功者に共通しているのは「集中力」をコントロールしていること。そして、「集中力」は誰でも鍛えてモノにできる。

実際、コバヤシも内容を実践して(全部じゃありませんが)かなり注意散漫が改善されています。

この本の内容を踏まえてこんな記事も書きました↓

覗き込む人
【訓練不要】集中力が続かないと悩む人へ。今すぐできる3つの対策 ども。コバヤシモンドです。 勉強やデスクワークをしていても、なかなか集中力が続かなくてはかどらない…と悩む人は多いのではないでし...

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

著名なミニマリスト、佐々木典士さんの本です。著名なといってもコバヤシは存じ上げなかったのですが…

とにかくモノを少なくしろというよりは、本当に必要なモノ・コトを理解するために余計な部分を削ぎ落とせ、というところですね。

コバヤシはミニマリストではないですが、精神的な「足るを知る」的な部分から具体的なモノを捨てる技術まで、学びの多い本でした。

21 Lessons

created by Rinker
¥4,000 (2020/03/30 21:47:45時点 Amazon調べ-詳細)

『サピエンス全史』で一躍有名になったユヴァル・ノア・ハラリの最新作。朗読16時間を超える大著です。

未来へと繋がる「現在」を改めて考え直すための21箇条の論題。控えめにいってもメチャクチャ面白かったです。知的好奇心大爆発ですね。

ナレーションも最高です。読む人によってこうまで心に刺さるものだとは。

ちなみにコバヤシは紙の本で読んだのですが、『サピエンス全史』もオーディブルで聴けるのでぜひチェックしてください。これも歴史に残る名著です。

created by Rinker
¥2,090 (2020/03/30 20:56:08時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク


重要:Audibleは解約しても聴けます

オーディブルが他のサブスクリプション(月額制サービス)と違うところは、

一度買った本は会員をやめても聴くことができる

という点ですね。

2,3ヶ月試して辞めても買った本は無駄になりません。気が向いたら戻ってくることもできます。

で、繰り返しですが初月は無料登録期間となります。始めるハードルも辞めるハードルも低いのはありがたいですね。

じっさい微妙な部分はありますが、まだまだオーディオブック市場は始まったばかりなので、これから改善もされていくのは間違い無いです。

1、2年後に話題になってきた頃に「あれ?お前まだオーディブルやってないの?」とドヤ顔できるように今のうちから試してみてはいかがでしょうか!


>>>最初の一冊は無料。【Audible】のボイスブック無料体験はこちらから

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください