ユニクロ

ユニクロの【EZYアンクルパンツ】はビジネスコーデもいける傑作アイテムでした

ユニクロEZYアンクルパンツ2本

コレは久しぶりの超お気にですね。ユニクロさん見直しました。

くるぶしチラ見せ男のコバヤシモンドです。

すっかりくるぶし丈のパンツを定着させた功労者、UNIQLOの「EZYアンクルパンツ」。

気になってるけどまだ手を出していない方、これはユニクロでたまに出る当たりですよ。

コバヤシはもう3本買っちゃいました。

豆知識

公式な読み方は昨年「イージーアンクルパンツ」から「イーゼットワイアンクルパンツ」に変わったのですが、98%の人はイージーアンクルパンツと読んでいると思いますので、気にしないでおきましょう

EZYアンクルパンツはめちゃ優秀

今までのユニクロでベストアイテムかも

ユニクロの洋服には何度か手を出したことはありますが、正直いままで一軍のスタメンにはなっていません。

安くて品質がいいのは確かなんですが、やっぱりちょっと「惜しい」。

正直デートなどの大事な場面では戦力外通告を余儀なくされてきました。

これがコバヤシのユニクロイメージです。

この「EZYアンクルパンツ」はいいですね!全然スタメンで使っていけます。

しかもお値段は2,990円(税別)!コストパフォーマンスの良いユニクロの中でもかなりお手頃な部類といえます。

ネット上でも評判は上々で、お手頃プライスから複数本買ってしまう人が出るのも納得です。

ビジネスにもおすすめなキッチリ感

ハンガーにかかったアンクルパンツ作りはまさにスラックスのそれです

くるぶし丈のパンツといえば割とカジュアル寄りの印象ですが、この「EZYアンクルパンツ」は全てセンタープレスが入っています。

ポケットの作りなどもスラックス風。

これによってイージーながらも見た目はキッチリ上品に仕上がっています。

ウエストにゴムが秀逸で、ぱっと見ではゴムに見えません。それでいてキツすぎず緩すぎずの伸縮性。お堅い職場でなければビジネス用としても通用するでしょう。

モンド君
モンド君
実際にコバヤシは仕事(接客業)で使っています

シルエットは裾に向かって細くなるテーパード。ももの部分は少し余裕がありますが裾はかなり絞られているのでだらしなさは一切ありません。

はき心地はラク

EXドライ 素材感ドライEXを履いたところ

イージーと名がつくだけあってはき心地は見た目と裏腹に快適です。

ウエストはゴム仕様でベルトを使わずに履けます。見た目ではゴムだとわかりません。

もちろんベルト併用でも違和感なし。

快適性は素材によっても変わりますが、「ウルトラストレッチドライEX」のはき心地は別格です。

ジャージのようなポリエステル素材ですが、センタープレスとテーパードシルエットのため上品さを損なっていません。

セットアップでジャケットなんかも出してほしいくらいですね。

EZYアンクルパンツ着用例

では、実際に着用した雰囲気はいかがなものでしょう。

ユニクロ公式サイトで見る着用写真はどれも超イケメン高身長モデルなので、「参考になったなあ」という人は全人類の2%くらいでしょう。

ここはひとつ身長168cmの標準的な体型のコバヤシがモデルとなってみましょう。

モンド君
モンド君

普段使いに最適!なウルトラストレッチ(ドライEX)

EZYアンクルパンツ着用 横身長168cm、体重56kgでSサイズを着用

ジャージ風の素材ながらシルエットが非常に綺麗で上品なテイストにまとまっています。

ユニクロをオシャレに着こなすなんて難しそう…と思いきや、実は何も考えずに履いてもカッコよく見える優等生。

おすすめコーデとしては、カジュアルなプリントTシャツなどと合わせるよりも襟付きシャツなどシックなアイテムを合わせる方がオシャレに見えると思います。

素材がややスポーティーな感じなのでトップスでドレス感を足してバランスをとるイメージです。

2019年2月追記:どうやら着用写真のWINE色は生産終了になってしまったようですね…残念!

アンクルパンツというだけあって、公式サイトのモデル着用写真ではくるぶしが見えるくらいの短さです。

が、不思議なことにコバヤシが履くとほぼフルレングスになります。

オンラインショップ限定で丈が長めのタイプもあるようですが、余計なお世話ですね。

EZYアンクル着用 正面身長168cm,体重56kgでSサイズを着用

シンプルに同系色のシャツとパンツ。

靴はタッセルローファー、頭にパナマハットでクラシック&ドレッシーさを足してみました。

勝手なイメージでは「60年代のマイナー映画に出てくる人」です。

ちなみにシャツは「ユニクロ U」のオープンカラーシャツ。これも今期の当たりアイテムですね。

上下ともユニクロなのにちょっと攻めた?コーデができるようになるとは驚きです。

しかもシャツとパンツ合わせても約6,000円!コスパよすぎでしょ。

ビジネス用途でも使える!ウールライク

EZYアンクル ウールライク着用168cm、56kgでSサイズ着用

その名のとおりウール製スラックスっぽい見た目の素材。実際にはポリエステル、レーヨン、ポリウレタンの混紡です。

ドライEXほどではないですが、ポリウレタンが入っているのでややストレッチ性あり。

こちらはよりカチッとした見た目で、まさにスーツっぽく見えます。コバヤシはビジネス用に買いましたが、もちろんプライベート用にもオススメです。

オススメはストライプ柄。無地のものは生地感がより目立つので、上質なスーツとの差が目立ってしまいます。その点、ストライプは柄でごまかしが効くのでけっこう高級感があります。

なお「うちはお堅い系の職場だからくるぶし丈のパンツは無理!っていう人は「感動パンツ」がおすすめです。

ハンガーに吊るした感動パンツ
【感動パンツ】はビジネスシーンの救世主となるか?着用写真つきレビュー。こんにちは。昭和の感動男子、コバヤシモンドです。 ここ1、2年のユニクロはリアルに使える傑作をたびたび輩出していますね。 E...

着用写真ではシンプルなTシャツを、ストライプのEZYアンクルパンツとタッセルローファーに合わせています。

ウールライクはドライEXよりもカッチリした素材感なので、Tシャツとかを合わせてもカジュアルすぎにはなりにくい。

足元をキッチリ引き締めることでラフすぎず堅すぎずの雰囲気を出しています。出しているつもりです。

コバヤシ理論では、トップスをラフな感じにして、下に行くにつれて上品なアイテムにしていくとこなれた感じが出るとされています。

※根拠ゼロです。でも本当にそんな気がするんだ。

ちなみにTシャツはZOZOのオリジナルTシャツを使用しています。

ハンガーにかけたzozoTシャツ
オーダーメイド感覚でジャストフィット!ZOZOのTシャツを着てみた感想こんばんは。Tシャツ評論家のコバヤシです。 洋服の良し悪しを判断するポイントは人それぞれでしょうが、客観的に見た場合に「かっこよさ...

EZYアンクルパンツの各モデル

EZYアンクルパンツのラインナップ2019

2019年5月現在、EZYアンクルパンツは

  • ウールライク
  • リラックスフィット(コットン、デニム)
  • ウルトラストレッチ(=ドライEX)
  • コーデュロイ(秋冬のみ?)

というラインナップになっています。

コバヤシ的オススメは断然ウールライクとドライEXですが、他のまだ着ていないモデルにもちょっと口出しさせていただきます。

モンド君
モンド君
買ってから言えよ、と言われるのは覚悟の上

リラックスフィット

リラックスフィットは従来のEZYアンクルパンツよりゆるめなシルエットとなっています。素材は「コットン」「デニム」の2種類。

ゆるめのシルエットですが野暮ったくはなく、裾に向かってテーパードした形はきれいで絶妙なモード感があります。この辺のセンスは昔のユニクロでは考えられませんでした。立派になったものですね。

モンド君
モンド君
何様だお前は

EZYアンクルのデニム生地じたいは、ユニクロの通常のジーンズに使われるデニムの質と比べるとかなり安っぽく感じます。

が、このリラックスフィットのゆるさと合わせるとなぜかサマになって逆にカッコよく見えるんですよね。

ユニクロのリラックスフィットezyアンクルパンツ画像出典:uniqlo.com

すごく良い感じですね。買おうかな。

でもチノ風のコットンはあんまり良く見えないような…。好みの問題かもしれませんが。

コーデュロイ

2018年秋冬に登場したコーデュロイですが、2019年5月現在では公式ページのラインナップからは外れています。

季節的に秋が近づけば新作が出るかもしれませんね。

商品としては個人的にはイマイチかなと。秋冬素材なのにあえて短くしている、というのがどうもわざとらしいというか「オシャレしてまっせ」的というか。

オシャレは「さりげなさ」が大事だと思ってまして、ゆるさが売りのEZYアンクルパンツなのにこの「頑張ってます感」でなんか肩肘張った感じに見えちゃうんですよね。

※あくまで個人の感想です

スポンサーリンク




洗濯はネットを使おう

意外と見落としがちですが、洗濯表示は「ネット使用」になっています。値段がお手頃なEZYアンクルパンツとはいえ、長持ちさせるに越したことはありません。

正直コバヤシもそのへんを気にしない人だったのですが、なんとなしに洗濯ネットを使いだしてからは洋服の持ちが全然違います。

ネット自体は別に高いものではないので、持っていない人はこの機会に用意しておきましょう。

created by Rinker
KASOS
¥899
(2019/09/22 10:27:35時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:EZYアンクルパンツは傑作。ユニクロすごい

コバヤシは以前にもユニクロのアイテムをいくつも購入してきました。

しかし、どれも3回くらい着たらタンスの肥やしとなってしまうのでした。

今までのアイテムは「定番アイテムの廉価版」みたいなイメージでした。ちょっと金を出せばコレのもっといいものが買える的な。

ところが今回感じたのは、

「ユニクロでいいか」

ではなく、

「ユニクロのコレいいわ!」

という感覚です。イメージ変わりました。ユニクロすごい。

まだ当たり外れのあるユニクロですが、特にここ1、2年はメンズアイテムのセンスもかなり向上している印象です。「感動パンツ」なんかもかなり完成度が高くオススメ。

ハンガーに吊るした感動パンツ
【感動パンツ】はビジネスシーンの救世主となるか?着用写真つきレビュー。こんにちは。昭和の感動男子、コバヤシモンドです。 ここ1、2年のユニクロはリアルに使える傑作をたびたび輩出していますね。 E...

このEZYアンクルパンツやエアリズムシリーズのような上位互換のないアイテムをどんどん作っていって欲しいですね。

今後も期待!

ユニクロ公式ページへ

ユニクロの他の名作アイテムレビューも読んでね↓

スポンサーリンク


追記:EZYアンクルパンツと合わせたい靴下

くるぶし出して行くなら、靴下のチョイスは超重要。

やっぱり違和感ないのがフットカバーという足先だけ覆うタイプですが、これが脱げる脱げる。それにつま先が常にぴーんってなってる感じ。

モンド君
モンド君
履いたことある人わかるよね

ユニクロはもちろん、無印やちょっと高いラソックスまで試してもバッチリなのが見つかりませんでした。

で、ようやく出会ったのが老舗グンゼさん。

グンゼのフットカバー

靴下というより足袋たびっぽい雰囲気。

フットカバーを履いたところ忍者っぽい

履いてみると、脱げない。ぴーんとならない。かなりいいです。オススメ。

ただ、ローファーのように甲が浅い靴だとちょっと見えちゃいますのでそこだけ注意。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください