ZOZO

ZOZOのオーダーブラックデニムを着用レビュー。スーツ無しでも注文可能になったよ

ZOZOブラックデニムアップ

デニムはドゥニームと発音する派。コバヤシモンドです。

家にいながらもオーダー感覚で服を注文できるZOZO。

今回ブラックデニムを購入してみました。

サイズや着用写真も載せておきますので、検討中の人はどうぞご参考までに!

ZOZOデニムを観察

ZOZOブラックデニム平置き

こちらがコバヤシサイズでオーダーしたZOZOブラックデニムです。

形はスリムテーパードで、裾に向かって少しずつ細くなっています。

生地感

写真では伝わりにくいのですが、安いブラックデニムに見られる色ムラはなく、漆黒といった感じの深い黒色。

公式ページには明記してありませんが、けっこうヘビーオンスです。13ozくらいでしょうか?安物の生地ではないです。

3,800円のデニムなのですが、ちょっと信じられませんね。

モンド君
モンド君
 同じ値段の某ブランドのデニムがみすぼらしくて履けなくなりました

ストレッチ入りとのことですが、ちょっと触っただけでは感じない、硬めの生地です。その分、デニムらしい風合いはバッチリです。

楽に履きたい人よりは、本格的なデニムが好きな人向けですね

ディテール

ウエストの裏地リベット裏にZOZOマークが

細かい部分のチェックもデニムを見る時の楽しみですね。こちらはウエストの裏側。リベット裏にZOZOの刻印があります。

無意味といえば無意味ですがこういうこだわりは嫌いじゃないです。

裾の裏側裾を折り返したところ。ここは普通

裏は普通です。まあさすがにセルビッジのわけはないですが。

セルビッジって何?という人はこちらのサイトがメチャわかりやすいです

セルビッジジーンズを買ってしまったあなたへ

ZOZOボタン“ZOZO be unique, be equal”

ボタンの刻印もZOZOオリジナル仕様です。

履いてみた

参考までに、コバヤシの注文サイズを載せておきます。

コバヤシは身長168cm、体重57kg。

ウエスト 76cm(最適から+3cm)
ヒップ 91cm(最適)
総丈 93cm(最適)

着用写真

ZOZOブラックデニム着用写真 前

履いてみました。

ZOZOブラック着用写真 横・後ろ

脚の形はあまりキレイじゃないコバヤシですが、サイズがピッタリだといい感じに見えますね!

スリムテーパードの形が美脚効果を生み出しているのだと思います。

サイズ感

ウエストは+3cmしていますが、正直いって最適サイズのままだとキツくて履けなかったかもしれません。

やはり、ZOZOスーツの計測結果や注文時のデータ入力による最適サイズも人によっては調整が必要ということですね。

ただ、+3cmしたサイズは全てにおいてジャストフィットでした。

特に腰回りのホールド感は絶妙で、本当にベルトがなくてもずり落ちません。1万円以下のパンツでこの感覚は今までなかったですね。

丈はくるぶしよりちょっと下くらい、靴を履いた時にクッションができないジャストサイズです。

この辺はお好みでしょうが、ちょうど今のトレンドといった丈の長さです。

履き心地

屈伸したヒザヒザの曲げ伸ばしは十分できる

ストレッチが入っているとはいえ、かなり弱めなので最初は固くて窮屈に感じるかもしれません。

モンド君
モンド君
 思ったよりしっくり来ないな…

とコバヤシも思っていましたが、数日履いていれば馴染んで違和感がなくなりました。

実際、デニムというのは最初から履き心地がいいものではなく、時間をかけて体に馴染ませるもの。革靴と似たような感覚ですね。

後にも書きますがZOZOはデニムを30日間、お試し期間として返品を受け付けています。

これもじっくり体に馴染ませるための時間と考えることもできます。30日試してもダメだったら体に合っていないので返品させてもらうことも考えた方がいいかもしれませんね。

で、弱めなストレッチについて。

個人的にはストレッチが強いものは確かに履き心地がいいのですが、デニムとしての長所はかなり損なわれてしまうとみています。

見た目も明らかに色ムラがみられますし、ハリやコシのようなピシッとした雰囲気が感じられなくなり、劣化や色落ちも早くなります。

モンド君
モンド君
 一言でいうと安っぽく見えます

しかし、このZOZOデニムの微弱なストレッチはデニム本来の風合いと履きやすさのバランスをギリギリのところで両立しています。

この生地を選んだところにZOZOの洋服に対する真摯な姿勢を感じたコバヤシでした。

注文の仕方は2通り。

以前は注文はZOZOスーツでの計測が必須でしたが、現在はZOZOスーツ無しでも最適サイズを割り出せるようになったそうで、スーツを使わずに注文することもできます。

どちらの方法でも注文はZOZOTOWNのホームページから。リンク貼っておきます。

ZOZOのデニムのページへ

ZOZOスーツの採寸結果を使う

コバヤシはすでにZOZOスーツを持っているので、この計測結果から最適サイズが提案されます。

ついにZOZOスーツ到着!計測結果リアルガチレビュー(2018/8月追記)こんばんは。ファッショニスタのコバヤシモンドです。 6ヶ月。 そう、アレを注文してからの時間です。 長い間待ちました。...

商品ページで「サイズ詳細」のタブを開くと計測結果に基づいた最適サイズが提案されます。

しかし、ウエスト73cmは正直細すぎると思いました。

いつも服を選ぶときには76cmでジャストだという認識でしたし、メジャーで実際にお腹周りを測ってもやはり76cm。

モンド君
モンド君
 せっかく提案してもらってなんですが、ここは自分の感覚を信じてウエスト+3cmで注文しました

結果的には+3cmで正解となりました。皆さんも注文時には自分の体や手持ちの服を測って確認した方がいいかもです。

ZOZOスーツを持っていない人

ZOZOのデニムは気になっているけど、ZOZOスーツを持っていないという方も多いのではないでしょうか。

  • 体のデータを渡すのに抵抗がある
  • わざわざZOZOスーツを取り寄せるのが面倒
  • 水玉タイツ野郎になりたくない

人それぞれ理由はあると思います。というかほとんどの人はZOZOスーツなんて持っていないですよね。

でも、実はデニムの注文に関してはZOZOスーツの計測が必要なくなったのです。

まず商品をカートに入れようとすると、身長、体重、年代、性別を選択する画面が表示されます。

身長などを入力する画面

それぞれを選択すると、データからはじき出された最適サイズが提案されます。

最適サイズ提案画面ここからのサイズ調整も可能

なんと、ZOZOスーツで計測した結果とほぼ同じ数値が提案されました。

ただ、コバヤシの体の計測結果の方が脚が短くなっているのが非常に不愉快です。

ただ、これはあくまで入力したデータからの平均的な数値だと思います。

一般の人よりも腕が長いとか、コバヤシのように若干レングスが短い人もいるでしょうから、やはり自分で体のサイズ確認はしておいた方がいいと思います。

注文するのが不安な人へ

コストパフォーマンスに優れるZOZOのオリジナルアイテムですが、同じような価格帯のユニクロや無印、H&Mと比べて購入のハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

その理由としては

  1. ZOZOスーツによる計測が必要
  2. オーダー品のため返品不可

この2点が挙げられます。

しかし、これまでにもチラッと書きましたがデニムに関してだけはそのハードルが無くなっています。

ZOZOスーツが必要なくなったのは書いた通り、ショッピングカートにデニムを追加した時点で最適サイズの提案がされるようになりました。

その上、デニムは到着後30日間まで返品が可能となっています。

もし届いたデニムが合わない時は、遠慮なくお返ししても大丈夫です。

返品なんて、迷惑がかからないかしら…

なんて優しいあなたは思ってしまうかもしれませんが、ZOZOさんがOKといっているので、そこは好意に甘えちゃいましょう。

もちろん返品も手間はかかるので、最初からサイズの確認はした方がいいですけどね。間違う時は間違うもんです。

スポンサーリンク


まとめ:ZOZOデニムは満足度高し!

ZOZOデニムお尻ポケットバックスタイルもスマート

ZOZOのデニムを体感して、月並みな感想になってしまいますが

3,800円は安すぎる

ということに尽きます。

他のファストファッションブランドなんかでも、

モンド君
モンド君
 この値段でこの生地・縫製はすごい!

というのは確かにあります。

でも、結局洋服はカッコよくて、着心地が良くてナンボです。高級生地でも縫製が綺麗でも全体的にダサかったら着なくなっちゃいますよね。

ファストファッションとそこそこ高級なブランドの差はやっぱりそこなんです。安物のデニムなんかは腰がゆるゆるだったり、お尻がだらしなかったり…

しかし、このZOZOのデニムはその差を埋めちゃってます。

定番のインディゴブルーのデニムとかは何年も履いていないコバヤシですが、これならちょっと買ってみたろうかしら。

そんな思いにさせてくれるZOZOのブラックデニムレビューでした。

ZOZOのデニムのページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください