スキレットで超簡単にできるフレンチトースト。普通のフランパンでもOK

フレンチトーストのアップ
スポンサーリンク

まいど。コバヤシモンドです。

オシャレ調理器具の代表格、スキレット。

このスキレットを使ってオシャレ軽食の代表格、フレンチトーストを作ればもうオシャレ料理番長以外の何者でもありません。

しかも誰でも簡単にメチャ美味くできます。

モンド君
モンド君

料理ど素人独身お化け男子のコバヤシでも超簡単に作れてしまうのです

ただ調子に乗って作りまくるとデブになります。気をつけてください。

では超簡単なフレンチトーストの作り方を雑にご紹介します

スポンサーリンク

材料・道具

フレンチトーストの材料

材料はこちら(一人分)

  • フランスパン3切れ
  • 生卵1個
  • 牛乳100mlくらい(コップまたは牛乳ビンの半分)
  • 砂糖スプーン山盛り2〜3杯(好みによる)
  • バターまたはマーガリン

普通の食パンでもOKです。その場合は牛乳をコップ3分の1くらいがちょうどいいです。

個人的にはフランスパンの方がもちふわに仕上がるのでオススメです。

ヤマザキのバゲット
これが98円とかでドラッグストアやスーパーで買えます

道具はフライパン。スキレットだといい感じに火が通るのでオススメです。

ちなみにコバヤシの使っているスキレットはコレです。

フタも合わせてどぞ

手順1:卵液を作る

鍋に入った卵、牛乳、砂糖
茶色のはシナモン粉末

ボールか鍋に生卵、牛乳、砂糖をぶち込みます。

コバヤシは香りづけにシナモンなんかも入れます。これはお好みで。

卵液は完全に混ざるまでガッツリ混ぜましょう

味見して薄かったら砂糖を足しましょう。出来上がりは思ったよりも薄味になりがちなので、ちょっと多いかな?くらいでいいと思います。

手順2:卵液にパンをひたす

パンは軽く焼いておくと卵液がよく染みます

パンは事前に焦げ目がつかないくらいに軽くトーストしておくとより吸収力がアップします。

トースターに入ったパン
1分くらい焼きます

冷凍してあったパンの場合は特に効果的です。

話がずれますがこのトースターはオシャレな上にパンも美味しく焼けるのでオススメです

アラジン グラファイトトースター グリーン
Aladdin (アラジン)

フランスパンを卵液にひたす
液が多く感じますが、時間が経てば全て吸収されます。
卵液に食パンを浸す
食パンは切って使うのが○

作った卵液にパンを浸します。食パンの場合、耳の部分は吸収力が少ないので4つくらいに切ると断面から卵液をよく吸ってくれます。

2〜3分浸したらひっくり返して全体に染み渡るようにします。

最低10分くらい浸したいところです。

モンド君
モンド君

余裕があるなら前の日に浸した状態で一晩冷蔵庫に入れておくとメチャふわトロな仕上がりになります

容器に入れて一晩寝かせる
タッパーとかを使って一晩寝かせるとより美味しくなります
たっぷり卵液を吸収したフランスパン
一晩たってはんなりしました

手順3:焼く

弱火にかける

フライパンを温めます。IHでもガスコンロでも火力は中の下くらいにしておきます。

温まりの目安はフライパンに水滴を落とした時、「ベチャッ」とならずにコロコロ転がるように蒸発するくらい熱くなればOKです。

バターをスプーン1杯くらいとってフライパンに塗ります。

スキレットにバターを溶かす
コバヤシはマーガリンです

卵液に浸したパンを並べ、フタをして3分焼きます。

フライパンにパンを並べる

3分経ったらフタを開け、パンをひっくり返したらさらに3分フタをして焼きます。

パンをひっくり返して両面焼く

あとは待つだけ。簡単ですね。

蓋をして焼けるのを待つ

スポンサーリンク


フレンチトーストの完成

表3分、裏3分焼けばフレンチトーストの完成です。

フレンチトーストは見た目・味・簡単さ

どれをとっても料理初心者には最適の料理です。

箸でちぎれるフレンチトースト
もちふわで美味しい

その上、男子にも女子にもウケが抜群にいいので恋人に作ってあげる朝食としては完璧なのではないでしょうか。

ただ一つの問題は、コバヤシには朝食を共にする相手がいないことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました