もはやマワハンガー以外は使えない…「シルエット」と「エコノミック」が優秀すぎた

ニットをかけた「エコノミック」 ファッション
スポンサーリンク

コバヤシモンドです。

コバヤシはけっこうモノを大事にするほうで、洋服なんかも傷めないように木製のハンガーを使って大切に大切に収納していました。

針金ハンガーなど言語道断。

しかし

モンド君
モンド君

かさばってしょうがねぇ

そうです。もうパンパンです。クローゼットがパンッッッパンです。

服は傷めたくないし、かといってクローゼットは限界。。

そんな悩みを抱えて200年が経過(体感)しましたが、ついに最高の相棒ハンガーと出会うことができました。

生活用品の最先進国、ドイツのMAWAマワハンガーです。

スポンサーリンク

クローゼットの救世主MAWAマワハンガー

二種類のマワハンガー

ドイツ生まれのMAWAハンガーは、洋服にフィットする計算された形状表面の特殊加工が特徴です。

パッと見は

バケモンド君
バケモンド君

針金ハンガーとそんなに変わらないんじゃ?

と思うかもですが、服をかけてみればわかります。

マワハンガーにかけたカーディガン
着ていのに近い状態で保持できる

用途によっていろんなタイプが用意されていますが、基本的には「エコノミー」と「シルエット」という2つの型を押さえておけばOKです。

ニットやカットソーにおすすめの「エコノミック」

MAWAハンガー「エコノミック」

なだらかに弧を描く形の「エコノミック」は、ハンガー跡がつきやすいカーディガンなどのニット素材に最適です。

肩に当たる部分に角がないので生地を傷めにくく、緩やかな曲線が洋服の重さを均一に受け止めて分散してくれます。

ニットをかけた「エコノミック」

一部分だけ生地が伸びてしまったり、肩に謎のトンガリができてしまったという残念な経験をした人も安心して使うことができるでしょう。

シャツやブラウスにおすすめの「シルエット」

MAWAハンガーの「シルエット」

襟、肩、袖と縫製によって分けられているシャツやブラウスには「シルエット」がおすすめ。

その名の通り人体を模したような形に作られていて、洋服をごく自然な状態で保ってくれます。

シャツをかけた「シルエット」

端が内向きに折れ曲がっているので、やはり生地を傷めにくくする心遣いがうれしい。

created by Rinker
MAWA(マワ)
¥1,980 (2020/11/28 15:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

MAWAハンガーのおすすめポイント

それでは、コバヤシが思うMAWAハンガーの優れているポイントをザーッとご紹介していきます。

服が滑り落ちない

MAWAハンガーのコーティング部分
塩化ビニルのコーティング

生地が触れる部分にはコーティングがしてあり、ググっと生地を押さえてくれます。

カーディガンなどは普通のハンガーにかけてしまっておくと、次に開けたときに消えていることがありますよね。

下を見ると床にぐったりしたカーディガンが…

でも、このMAWAハンガーならそんなストレスもございません。

すべり止めハンガーはベタベタになる?

すべり止めハンガーを使っていて、いつの間にか表面がベタベタになって服についてしまった…という人がいるかもしれません。

これは「加水分解」といってゴムやウレタンなどの素材が水分と化学反応を起こして溶けてしまうために起こります。

空気中に含まれる水分でも起きるので、時間がたつとどうしても避けることができない現象です。

しかしMAWAハンガーは水分に強い「PVC(塩化ビニル)」を使っているので加水分解の心配はほとんどありません。

(塩化ビニルは水道管などにも使われる素材)

ドイツ製らしい徹底的なこだわりですね。

跡がつかない

細いハンガーだとどうしても気になるのが「洋服にハンガーの跡がつかないか」です。

MAWAハンガーはもちろん大丈夫。

服にフィットする形状もそうですが、意外に重要なのが前の項でも解説した「すべり止め効果」です。

MAWAハンガーの形と滑り止め

滑る素材のハンガーだと洋服は重力にひかれて下に落ちようとします。

その「下にすべり落ちる力」によって引っ張られた生地が伸び、残念なハンガー跡が残ってしまうのです。

服が伸びる力のかかり方

しかし、すべり止めで生地を密着させるMAWAハンガーなら生地にかかる負荷はかなり軽減されます。

モンド君
モンド君

「滑り台」と「芝生の坂道」、楽に止まっていられるのはどちらか。的なね

跡をつきにくくするポイント
  • 洋服にぴったりフィットする形
  • すべり止めで生地の負担を軽減

このふたつで洋服を守るMAWAハンガーです。

デザインがオシャレ

MAWAハンガーの形

ここ重要です。

やはり毎日見るモノは自己満足でもオシャレでありたいと願うコバヤシ。

余計な装飾はなく、シンプルなのに美しい。

こんな合理的なことはありますか?

色もいくつかありますが、コバヤシは白か黒がいいと思います。

はい。完全なる主観なのでこれはご自身でお決めくださいw

めちゃコンパクト

もともとはクローゼットのスペースを確保するために薄型のハンガーを探していたのでした。

で、今まで使っていた木製ハンガーと比較してみたのがこちら。

木製ハンガーとMAWAハンガーの厚み比較

だいぶ痩せたね!

今まではある程度の厚みがないと服が傷む!と思っていたのですが、さっき書いた通りMAWAハンガーなら薄型でも問題なし。

クローゼットにも余裕ができて「うれしきことかぎりなし」ですね。

サイズの選び方

いざ買おうと思ったときに迷うのがサイズです。

いくつかのサイズ展開があるのですが

選ぶべきサイズ
  • メンズは”40”(または41)
  • レディースは”36
  • キッズは”30

を選べば間違いないと思います。

ちなみに数字は横幅のセンチを表しています(”40”は約40.5㎝)

”46(メンズ)”というのもあったので、

モンド君
モンド君

肩幅44㎝の服だから46がいいかな?

と思って買ったのですが、デカすぎました。

日本人の標準体形では46はでかいようです。

ご主人がアーノルド・シュワルツェネッガーみたいな肩幅でなければ普通に40を買っておきましょう。

気をつけたいポイント

いいことづくめに見えるMAWAハンガーですが、先に知っておいたほうがいいポイントもあります。

気になる人はよく検討してから購入しましょう。

モンド君
モンド君

といっても、そんなにマイナスにはならないかと

モヘア素材などは毛が抜ける

モヘアの抜け毛が付着したハンガー
グリップ力が強いので少し毛がつく

指でつまんで引っ張ると毛が抜けるような素材の服は、MAWAハンガーのすべり止め部分に毛がひっついて抜けることがあります。

まあ、そもそもそういう素材の服はたたんでしまっておくべきですが…

「スルッ」と服がとれない

ズボラなコバヤシはクローゼットから服を出すとき、ハンガーを棒にかけたまま服を「スルッ」ととることが多かったです。

が、MAWAは持ち前の包容力でしっかりと服を守ってくれているので、盗っ人のように服だけかすめ取ることはできなくなります。

クローゼットから出すときはハンガーごとちゃんと取り出すことが必要に。

そのほうが服を大事にしてる感が出て良かったかも。

バケモンド君
バケモンド君

と自分に言い聞かすコバヤシ

スポンサーリンク


もはやアウター以外ぜんぶMAWAでいいレベルです

というわけで、コバヤシのクローゼットはほぼ全てMAWAハンガーに換装しました。

見た目もすっきりするのでクローゼット外のハンガーラックに使用するのでもいいでしょう。

冬物アウターなどはさすがに厚めのハンガーを使っていますが

amazonで一本あたり約200円とハンガーとしてはやや高価ですが

  • 洋服が長持ち
  • 省スペース
  • 見た目がいい

というメリットを考えればコスパてきには十分じゃないでしょうか。

洋服の収納に困っている人はぜひご検討を!

created by Rinker
MAWA(マワ)
¥1,980 (2020/11/28 15:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました