便利グッズ

自分でふんわりカフェラテが!ミルク泡立て機がめちゃよかった

どうも、泡立て機ソムリエのコバヤシです。

先日、バターコーヒーダイエットのために購入した泡立て機ですが、予想以上にいい感じだったので紹介したいと思います。

この記事ではど定番のカフェラテを作ってみます。

 

バターコーヒーダイエットの記事はこちら

準備する

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,580
(2019/07/24 06:16:27時点 Amazon調べ-詳細)

使用するには単三電池が2本必要になりますが、別売りになるので注意してください。

バターコーヒーの時には上のスティック部分だけで使っていましたが、本来はこのようにジャーに突き立てて使います。

ジャーの下の方の「MILK」のラインまでミルクを入れてください、とのことでしたが一人分の場合は明らかに多いです。

もっと少なくても十分に泡立つので個人的には気にしなくていいと思います。

泡立て開始

ミルクをガラスジャーごとレンジで30〜40秒ほど加熱します。樹脂製のフタは外しておきます。

そのあいだにコーヒーを淹れておきましょう。

レンジからミルクを取り出したら、上の写真のようにスティックを突き立てます。

少し傾けて、スティックのスイッチを押します。

けっこう音と振動はあります。

10〜20秒でみるみる泡立ってきます。見た目に楽しいのですが、調子に乗っていると全てが泡になってしまいます。

コバヤシは1杯目のミルクを全て泡にしてしまい、コーヒーに注ぐことすらできませんでした。努力が水の泡、というより乳の泡になりました。

なので、写真はTAKE2です。

お店のようなカフェラテに!

好みによりますが、コバヤシは3分の2くらいを泡にしてコーヒーに注ぎます。

なかなかいい色合いです。泡は関係ないけど。

注ぎきったらこんな感じです。泡があるだけで見た目も本格的になりますね!

実際に飲んだ感じもただのミルクとは違いました。空気をたっぷり含ませたせいかクリームが入ったようなまろやかさになりました。

正直、洗い物が増えて面倒かなと思ったのですが、なんだかんだで毎日使っています。

 

注)ちなみに、コバヤシがここでやっているカフェラテは厳密にはカフェラテじゃないです。カフェラテはコーヒーの部分がエスプレッソであるべきなのです。

ただ、泡がふわふわ乗っているのはなんとなくカフェラテというイメージからこの記事ではそう呼ぶことにしました。

スポンサーリンク


まとめ

バターコーヒーダイエットをしなければまず入手しなかったであろう泡立て機ですが、使ってみるともはやバターコーヒーはどうでもよくなるくらいお気に入りアイテムとなりました。

これまでの人生ではほとんど泡を立てるということがなかったコバヤシですが、みなさんもたまには泡立てて人生を送ってみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください