【体験談】Boot CampでWindowsを使う前に準備しておきたいこと

MacでWindowsを使う mac
スポンサーリンク

あ、どうも。コバヤシモンドです。

かれこれ10年くらいMacユーザーとしてブイブイいわしてきたコバヤシですが

先日、Windows 10 を導入しました。

モンド君
モンド君

Mac最高ウェーイwww

と、Macユーザー特有のドヤりをぶちかましていたコバヤシですが、実際Windowsを使えたほうが実生活では便利なんですよね。ただしこれ言ったらMacユーザー失格です。

で、「Boot Camp」なる方法でMacにWindowsを導入してみました。

これで一台のパソコンでMac OSとWindowsの両方が使い分けられます。無双。

しかし、何事にも事前の準備をしておくのに越したことはありません。

ことパソコンにおいては数々の詰みを経験しているコバヤシです。

Macを再起動したらBluetoothキーボードが反応しなくなって詰んだ話
マクドナルドもマックと呼ぶ派、コバヤシモンドです。2018年の新型Mac miniを買って数日間ルンルンだったコバヤシ。しかし残念ながらさっそくトラブルに見舞われてしまいました。数日間のルンルンは過去の...

この記事ではMacにWindowsを導入する手順と必要になるものをまとめました。

どうかこれを読むことで作業途中で詰む人が減りますように。

スポンサーリンク

Windows 10 を購入

Windowsロゴ

Windowsを使うためには「プロダクトキー」を買わなくてはいけません。

プロダクトキーって何?って感じですが、要するに「Windowsというソフトを買う」と思えばOKです。

費用としては1万数千円(時価で結構変わる)がかかります。

モンド君
モンド君

これはまあしょうがないね

とはいえ、この1万数千円を惜しんで長いこと導入をためらっていたコバヤシ。

windows 10 のプロダクトキーはamazonでも買えます。パッケージ版とオンラインコード版がありますが、コバヤシが選んだのはオンラインコード版です。

箱とか欲しい人でなければ、注文した瞬間に使えるオンラインコード版で良いと思います。

また、プロ用とホーム用というのもありますが、個人用で使うならホーム用でOKです。

使うのはBoot CampというMac標準搭載の機能。こちらは無料で最初からMacに入っています。

Boot Campイメージ画像
画像出典:https://support.apple.com/ja-jp/HT201468

準備するもの

淡々と手順通りに進めれば完了できるのですが、全く準備せずに進めると場合によっては詰む可能性があります。

というわけで、具体的な手順に入る前に必要なものとコバヤシが「コレは持っておいた方がいい!」と思ったものをご紹介。

USB接続のマウス

USB接続のマウス

MacユーザーならMagic mouseを愛用している人が多いでしょう。

Windowsでも使えるの?と心配な人もいるでしょうが、通常のカーソル移動、クリック、上下スクロールは問題なくできます。

左右スワイプやタップ操作はできません。

なら大丈夫じゃん!と言いたいところですが

Bluetooth接続オンリーのマウスはWindowsが立ち上がった瞬間に詰みます。

Bluetooth接続はログインした後に認証されるのでセッティング画面では使えなません

ちなみにログイン後にBluetooth接続すれば2回目以降は問題なくつながります。

モンド君
モンド君

やった!Windowsが立ち上がった!Boot Camp成功だ!

と思った瞬間から一切パソコンを操作できなくなるのです。この現象は世界三大悲劇のひとつとして数えられています。

そうならないために、安いのでいいのでUSB接続ができるマウスを一個持っておくといいと思います。

コバヤシはパソコン関係で何度も詰んだ経験から事前に用意しておきセーフでした。

このマウスはUnifyingという機能がついていて、USB接続なのにワイヤレスで使える便利アイテムです。

Magic mouseに比べると安っぽさは否めませんが、軽くて使いやすいのでなかなか良い感じ。

USB接続のキーボード

有線キーボードをMac miniに接続

MacユーザーならMagic keyboardを使っている人が多いでしょう。

現行のUSB接続もできるタイプのものなら問題ないと思いますが、Bluetooth接続オンリーのキーボードの場合、

Windowsのセッティング画面で詰みます。

Bluetoothは最初のログイン後にしか使えないのは前項で書いた通り。

しかも最初の文字入力が必要なシーンではソフトウェアキーボード(画面上に出る文字をクリックできる)が使えるので、マウスさえあれば突破できます。

Windows10設定時のソフトウェアキーボード

これはいけるんじゃね?と一度は思うのですが、次の入力ではソフトウェアキーボードが使えずに詰みます(たしかログインの設定の時)。

こうして初めに希望を持たせたうえで結局ダメという悪魔の所業に身もだえすることとなるのです。

そんな悲劇をなくすためにも、超安いのでいいので有線キーボードを一個持っておくといいと思います。

created by Rinker
ELECOM(エレコム)
¥1,039 (2020/08/11 13:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

意外とBluetooth関連のトラブルって多いので、いざというときのために押し入れにぶち込んでおくと安心です。

Macの空き容量(最低64GB)

さて、キーボードとマウスを揃えて準備万端!といいたいところですが、お使いのMacのストレージ残容量をチェックしてみてください。

Boot CampでMacにWindowsを入れるには、パーティションという「容量の仕切り」をつくることになります。

つまり、Mac用の領域とWindows用の領域を線引きするのです。

そして一度設定すると基本的には変更できません。

ストレージのパーティション図

このパーティションを適当にすると容量不足で詰みます。

Windowsをインストールするには最低64GBの容量が必要だとされています。パーティションは128GB分つくることが推奨。

参考: https://support.apple.com/ja-jp/HT201468

コバヤシのMac miniは256GBの容量があり、残りは120GBほど。

じゃあ64GB引いてもまだ約60GB余るから大丈夫でしょ!と思ったのですが

問題は、余った部分をそれぞれで分ける必要があることです。

つまり、60GB余っていると思っても、MacとWindowsに均等にわけるとすると、それぞれ30GBずつしかないことになります。

パーティションでストレージに余裕がなくなる

そしてMacとWindowsでは記憶領域が明確に分かれているため、情報の共有ができません。つまり両方に同じデータを入れると実質2倍の容量を食うことになります。

コバヤシはそれを全く考えていませんでした。アホです。

しかし、この問題はある程度解決できる方法がありました。外付けストレージを使うのです。

これならデータを片っ端から外付けに保存すれば本体の容量消費はかなり軽減されます。

しかも!外付けに入れておけばWindowsとMacの両方から同じデータにアクセスできます。

外付けストレージでデータを共有できる

これならWindowsで作った動画をMacで編集…なんてことも簡単にできます。

両方のOSで外付けを共有するためには、最初に行う「フォーマット(保存データ形式の設定)」をMac、Winどちらでも使える形式にする必要があります。

説明書にはちゃんと書いてあるので面倒がらずにちゃんと読もうね。

Boot Campには外付けは必須といってもいいでしょう。

モンド君
モンド君

クラウドストレージを活用するのも一つの手だね

ただし、アプリによっては本体にしか保存できないものもあるので、やはりギリギリではなく余裕はあったほうがいいです。

ちなみにコバヤシは結局、Windows用のパーティションは80GBだけで作りました。

Windows10(とその他基本アプリ)が実際に占有しているのは30~40GBなので、空き容量は40GBくらいになります。

余分なアプリなどは入れる余裕はないですが、最低限Windowsで必要な作業をするには支障ありません。

USBメモリー(場合による)

USBフラッシュストレージ
「結局、ワイはいらない子やったんや…」

使っているMacによっては、Boot CampでWindows10を導入する際に「16GB以上のUSBメモリー」が必要になるとのこと。

まあ、けっこう古いマシンやOSでなければ必要ないようです。

で、公式サポートページを確認すると

Apple公式ページのスクショ

…Mac mini は?

コバヤシのMac miniは2018年モデルなのでわりと新しいモデルなのですが、「USBフラッシュドライブがなくてもOK」なリストにありません。

>>>コバヤシのMac mini の記事はこちら

しょうがなくUSBメモリを買ったのですが

結果、使わなくてもOKでした。

モンド君
モンド君

なんやねん!

ただのアナウンス忘れのようですね…ここは代わりにコバヤシがお知らせします。

Mac mini2018年モデルユーザーのみんな!Boot CampにUSBメモリはいらないよ!

スポンサーリンク


以上でBoot Campの準備はバッチリ!

さて、とりあえずこの記事であげたものをチェックしておけばBoot Campの途中で詰むことはないと思います。

BootCampの準備
  • USB接続のマウス
  • USB接続のキーボード
  • 最低64GB、推奨128GB以上の内部ストレージ容量
  • 古いMacの場合はUSBメモリ(参考:Appleサポートページ

PC作業をしていて途中で行動不能になってしまうことほどストレスになることはないですからね。しっかり準備してから望みましょう!

Boot Campの具体的な手順については別記事にまとめました。

【MacでWindowsを使う】Boot Campの手順をカンタン解説!
まいど。コバヤシモンドです。Macユーザーの悩みの種として、Windowsマシンとの連携があります。多くの人はWindowsパソコンを使っているので共同作業がやりにくいですよね。使いたいソフトがWindows専用だったりも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました