mac

Macで@が打てない・英数/かな切り替えができない時の対処法

キーボード配列が変わった?

どうも。コバヤシモンドの大冒険島です。

Macはコバヤシのようなパソコン素人でも使いやすいと思っているのですが、たまに謎のトラブルに見舞われて悶絶することがあります。

今回は突然キーボードで「@」が打てなくなった、「英数」「かな」の切り替えができなくなったというトラブルについてのお話です。

キーボードが「US配列」と認識されてしまう

キーボードの配列には、日本語入力に最適化された「JIS配列」英語圏で使われる「ANSI配列」があります。

モンド君
モンド君
ANSI配列はUS配列とも呼ばれるよ

普通は日本のキーボードはJIS配列になっていて、キーにもそのJIS配列で文字が印字してあります。

ところが、何かの拍子に突然Macが「こいつはUS配列のキーボードだな」と勘違いしてしまうことがあります。

で、JIS配列とUS配列はアルファベットの配置は同じですが、記号やコマンド、altなどの補助キーの位置に違いがあります。

これによって「@を押したのに [ になってしまう…」といったことが起こります。

コバヤシの体験では

  1. @が [ になってしまうなど、記号の位置が変わる
  2. さらに英数/かなの切り替えができなくなる

この2段階で不具合が出ます。これを直すには、Macに

モンド君
モンド君
今使ってるのはJISのキーボードやで
メカ
メカ
ソウナノカ

と教え直してあげる必要があります。

「キーボード設定アシスタント」を開く

よくある直し方の解説

困ったときはとりあえずグーグル先生で検索します。しかし、それでも答えが出ないこともありますよね。

キーボード設定を直すには「キーボード設定アシスタント」を開くのですが

システム環境設定 キーボードを選択

多くのネット情報では「システム環境設定」「キーボード」に入って「キーボードの種類を変更」をクリック、とあります。

次の画面で「キーボードの種類を変更」ボタンがあればそのままクリック。

普通にボタンがあった人はこちらへワープ

が、コバヤシの場合は

キーボード設定画面多くの説明ではここに「キーボードの種類を変更」とあるが…
モンド君
モンド君
わかんねえ…わかんねえよ

どういうわけかいろんな解説記事にある「キーボードの種類を変更」ボタンが表示されていません…

ちなみにこれで困っている人も相当数いるようですので、別の方法でのキーボード設定アシスタントへのアクセス方法をご紹介します。

別の方法でキーボード設定アシスタントにアクセス

キーボード設定への別のアプローチ別の入口があるはず…

でも、コンピュータの操作方法は一つではありません。別の入り口からキーボード設定アシスタントに入ることもできます。

キーボード設定アシスタントへのパス

/System/Library/CoreServices/KeyboardSetupAssistant.app

となっていますが、コバヤシを含めこれを読んでいる92%の人にとっては意味不明だと思うので、画面でここまで行く方法をシェアします。

モンド君
モンド君
てかパスって言われてもわからん
メニューバーからキーボード設定へとアクセス

まず、画面の空白部分をクリックして左上のリンゴマークの右側を「Finder」にします。

「移動」タブをクリックするとメニューが出るので「コンピュータ」を選びます。

ハードディスクへアクセス

コンピュータのディスク選択画面が出たら「Macintosh HD」をダブルクリック。

「システム」へアクセス

「システム」フォルダを開きます。

「ライブラリ」へアクセス

続いて「ライブラリ」に進みます。

「Coreservices」へアクセス

ここからフォルダ数が多くなって探しづらいですが、「CoreServices」を見つけて開きます。

モンド君
モンド君
フォルダは標準ではアルファベット順に並んでいるよ
KeyboardSetupAssistantを選択項目はアルファベット順に並んでいるのでよく探そう

またまたファイルがたくさんありますが、その中に

「KeyboardSetupAssistant」

つまり、「キーボード設定アシスタント」の項目があります。これを開けば晴れてキーボードの設定をし直すことができます。

キーボード設定アシスタントでJISを選択

ここからは難しくありません。画面の指示にしたがっていきます。

キーボード設定アシスタント起動キーボード設定アシスタント起動

「キーボードを識別できません」と言われますが、ビビらずに「続ける」をクリック。

キーボード識別作業画面にしたがって進めよう

キーボードを識別するためにキーを押してくださいと言われます。「Shift」の右側なので「Z」のキーですね。

次の画面ではもう一つの「Shift」の左側を押せと言われるので「ろ」のキーを押します。

キーボードをJISに設定

ようやくキーボードの種類を選ぶことができます。ここで「JIS(日本語)」を選択して完了すれば無事にキーが元どおりになります。

モンド君
モンド君
お疲れっした

スポンサーリンク


キー配列をJISに直しても戻ってしまう人へ

無事にJIS配列と認識させたキーボードなのですが、コバヤシは

モンド君
モンド君
スリープから戻るとすぐにUSに戻ってしまう…

という悲劇に見舞われています。これはキーボードにもよるのかもしれません。

US配列でも快適なキーボードを使う

で、コバヤシがとっている方針は

「基本的にUS配列で使う」

というものです。身も蓋もないように聞こえるかもですが、コバヤシが使っているロジクールの「K780」というキーボードはJIS配列とUS配列の両方が印字されているので実はそれほど困らないのです。

K780のキー印字グレーの印字がUS配列のキー

ちなみにUS配列での「@」はShift + 2 で打てます。

「面倒臭い!」と最初は思いましたがよく考えたら「@」なんてメールアドレスの入力の時しか使わないので実はほとんど困りません。

むしろ「=」や「’」が単独キーで打てたり意外と楽だったりします。

K780のキーのアップUS配列はカッコの位置なんかも微妙に変わります

これがJIS配列の印字しかないキーボードだったらお手上げですが、JISとUSの両に対応しているキーボードならけっこう大丈夫です。

ちなみにこのロジクールの「K780」というキーボードはめちゃくちゃ使いやすいので個人的におすすめです。

まあ、この「K780」のせいでUS配列の誤認識が出ている可能性も思いっきりあるため全力で買えとは言えませんがw

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥6,241
(2019/09/22 08:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

配列が変わって困るケース

冒頭で、キー配列の誤認識による影響が

  1. @が [ になってしまうなど、記号の位置が変わる
  2. さらに英数/かなの切り替えができなくなる

の2段階で出ると書きました。この2つは同時に出るとは限らず、①は頻繁に(というかほぼずっと)出ますが、②は滅多に出ません。

しかし①の方は上記の通りUS配列にも対応のキーボードを使えば慣れれば苦にならないのですが、②が出るとかなり厄介です。「英数」「かな」のキー自体が存在しない事になってしまうからです。

というわけで、コバヤシは②が出た場合だけキーボード設定アシスタントで直すようにしています。

コバヤシは純正キーボード以外ではK780しか使ったことがないので別のケースもあるかもわかりませんが、参考になれば幸いです。

モンド君
モンド君
Mac愛が先行して知識が追いついていないみんなに届けー
メカ
メカ
いやお前のことだろ
モンド君
モンド君
以下は参考にさせてもらったサイトです。

Qiita「手動でMacのキーボード設定をおこなう」

Maccle「Macでキーボード入力をUSモードから日本語(JIS)配列モードに戻す方」

他のMac関係の記事はこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください